あの作品が何時代の話かわかるブログ

歴史系の創作物を集めて、年代順に紹介するブログ。歴史系の小説、漫画、ゲーム、映画などなどなんでも

【小説】塩野七生「ローマ亡き後の地中海世界(下)」:中世

ローマ亡き後の地中海世界(下)

紹介

 オスマンのスレイマン大帝、神聖ローマのカール5世、フランスのフランソワ1世が覇を競う英雄の時代が訪れる中、地中海世界も大きな変化が訪れる。
 なんとイスラム海賊がオスマン海賊にクラスチェンジしたのだ!
 なお主な事業内容は変わらない模様。
 あいも変わらずキリスト教徒たちは攫われ、奴隷としてこき使われるが、キリスト世界はキリスト世界で忙しいので領主たちは蛙の面に小便。
 実に世知辛いものである。
  一方の海の主役であるジェノバアンドレア・ドーリアと海賊赤ひげの攻防が本巻は熱い。

紹介

 ローマ人の物語から読み続けてきた大長編の終わり。
 最後はトルコが海賊を捨て、あっさりと終わるけれども地中海の歴史は今に続いている。
 コルサロはカリブに雄飛して、ピラータは今でもソマリアで大活躍中だ。


書誌情報

著者:塩野七生
タイトル:ローマ亡き後の地中海世界(下)
出版社:新潮社
出版年:2009.1
備考:新潮文庫化時に3,4巻に分巻。

関連作品

ヴェネツィア共和国の立場から同時代の地中海を描いた作品。

関連記事

本作の前日譚に当たるシリーズ。
rekisyo.hateblo.jp

年表はこちら

rekisyo.hateblo.jp